あむしとずまし

同性カップル、のんびりアラサーお兄さんたちの日記。

青い鳥のとまり樹

f:id:hayate24321:20181029121522j:plain

 

 

海を超えて千葉県までいってきました、あむしです。

朝5時起床の日帰りショートトリップ。

盛り上がって海軍カレーパンなんぞ食べます。揚げたてアツアツ!

 

ずまさんも初めての船旅(つっても40分くらい)なんだそうで、

船内売店とかパンフレット前でそわそわしたご様子。

浮かれている人って観てるだけでなんで楽しいんだろうな〜。ニコニコ。

 

神奈川にある久里浜港から千葉県金谷港に到着し、

ふらっと散歩した海岸では大量のとんびとウミガメのミイラに出迎えてもらう。

浮かれ気分にちょっとセンチなスパイスを入れて、

ここからさらに電車で南下。

 

 

 

 

f:id:hayate24321:20181029121737j:plain

 

 

そして到着したのは千葉県は館山。

駅前からは結構スカッとした抜け感のある景色が広がる。

 

 

さてなんで館山に来たのかといいますと、

最近こっちに越してきたパンツがおしゃれと評判の彼にまた会うためでした。

 

館山といえばで思いつくものは特に無いけど、まぁでも海鮮だろうどうみても。

ちょっと調べた感じだと新鮮な魚介を使ったイタリアンが有名だそうだし、

合流したら海岸沿いを散歩して個人店のイタリアンでランチだろうか。楽しみだね。

 

 

 

 

 

なんて思いながら到着の連絡を入れたのに。

 

 

つ か な い 既 読 。

 

つ な が ら な い 電 話 。

 

 

そして蘇る函館での記憶。(←なんか洗濯してたとかで遅刻した気がする)

きっと君は来〜な〜い…

 

 

 

 

 

f:id:hayate24321:20181029173937j:plain

 

 

そんな訳でお先にふたりでギョギョっと館山ぶらぶらスタートです。

 

渚の駅にあるさかなくんの建物でハイセンスな自転車を借り、

通行く人の注目を集めながら沖ノ島へ。

事前の検索とインスタで情報によると家族連れで賑わうビーチだそうで、

 

まぁオフシーズンのど平日だけど

きっと綺麗なところなんだよ話しながら到着したのは、

ポツンと浮かぶ不気味な小さい森。(怖い)

 

そしてそのへんで寝っ転がってる釣り人のおっさん。

Instagramをやってる連中には、綺麗売りばっかりしてないで

どうしようもない部分も愛してやれよと常々思う。

 

 

 

 

f:id:hayate24321:20181029180511j:plain

 

寿地区の面影を感じつつ落葉と枯れ草のなかを散歩して、

途中引っ付き虫合戦が勃発するなどそれなりに楽しみながら島をぐるりと一周し、

小一時間立ったところでまだ連絡が取れないので近所の壕も見学。

もしかしてこのままふたりで旅は終わるんじゃなかろうか…

 

 

 

 

 

 

 

−−−

 

約束の時間からは3時間ほどたったところで彼と連絡が取れる。

お腹いっぱいだと許してしまいそうだからと空腹のまま彼と合流し、

爽やかに息をするように罵ったあと、渚の駅近く海岸沿いのイタリアンで昼食。

 

 

f:id:hayate24321:20181029183212j:plain

 

 

 

そこは

 

なんと

 

すかいらーく

 

だった。

 

 

 

 

いやわかってて入ったんだけどさ…ファミレスだって…

あともう何時間も館山に居られないからじっくり探すことも出来ず、

歩き疲れたうちの人と空腹のお洒落パンツに多数決で負け考えることを放棄して休憩。

 

ああ地元野菜…

ああ採れたて新鮮な海の幸…

 

 

 

 

 

パンツ:あむさん!ピザのチーズ倍に出来るみたいですよ!

 

 

おいそれ館山で一番しない会話だからな。

 

 

 

 

 

−−−

 

 

思いの外ファミレスで長居してしまって出歩く時間も無くなったので、

最後にせめて、せめて館山に来たという記憶に残るお店に行きたいと思い、

近くの館山っぽいカフェに移動。

 

海岸沿いの建物のルーフバルコニーで海を観ながらコーヒー。

ハンモックなんぞ置いてあるしね。

ああお洒落だ、ああもう思い残すことはないよ館山。全然観てねーけど。

 

 

 

 

f:id:hayate24321:20181029121828j:plain

 

レインボーカラーのハンモックをみて、僕たちの色ですね〜なんて彼が言う。

どことなく寂しくも取れるひとことだったけど、

ネットに包まって遊んでるずまさんを前にしたら別になんてことないことだな。

 

 

 

傾いた太陽がまだ夕日にかわらないくらいのころ

バスの発車時刻も差し迫ってきたので、最後に三人で夕日桟橋をダッシュした。

 

そんなことが楽しくて夕日が観れたかなんて覚えてないけど、

馬鹿なことばっかり起こった愛せる記憶で一杯だから、

結構好きな町だと思った。

 

 

 

 

 

でもやっぱり海鮮食べたいからまた行くぞー、泊まりでー!